読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のぞむくんのほっぺ

ジャニーズWESTを好きな勢いに任せて書いているだけのブログ

あるところに7人の騎士がいました。

f:id:nickodayooo:20170418143629j:plain





それはほんの少しだけ昔のお話。








とある西の国の王は、7人の忠実な騎士たちを従えていました。






7人は毎日剣術の稽古に熱心に励み、切磋琢磨しながら国の平和を守っていました。




王の7人に対する信頼はそれはそれは厚いもので、一人ひとりのことをいつもしっかりと見ていました。








ある時、病床に伏してしまった王は、剣術の稽古をする7人を窓から見て、こう思いました。






「あの者たちは皆これほどまでに優秀で、優れた能力の持ち主であるにも関わらず、長いことこの国に留めてしまっていた。これでよいのだろうか、もっと広く世界を見てほしい。無限の可能性があるはずだ。」









そうして王はその日の晩に、7人の騎士たちを部屋に呼び集め、その胸の内を説きました。







「我が誇らしき7人の騎士たちよ、」








王は赤いスカーフを身に付けた騎士に向かって言いました。

彼の名は重岡大毅といいます。

f:id:nickodayooo:20170418152048j:plain



「そなたに勇気の騎士の称号を授けよう。」



勇気とは、単に恐れないことではなく、危険をおかしてでも挑むべきことがあると気づくことである。


恐れなどは微塵も感じさせない、常に7人の中心に立って皆を引っ張り、場を賑やかにし、努力の人でありながら決してその努力をひけらかす様なことはしない。おちゃらけているように見えて、胸の奥で仲間のことを誰よりも思いやり、いざとなれば自ら仲間の盾となれるようなそんな勇気を持った人。「あなたが真ん中でいるはずだ。」とそう思わせてくれる一筋の光のような人。





f:id:nickodayooo:20170422172703j:plain



勇気は、困難をチャンスに変えてくれる














次に王は、黄色いスカーフの騎士に向かって言いました。


彼の名は中間淳太といいます。

f:id:nickodayooo:20170418160145j:plain



「そなたに責任の騎士の称号を与えよう。」



責任とは、人生に降りかかる変化や失敗、そして危機に応える力のこと。



グループとして大きくなることを誰よりも確信していて、夢見たことはひとつひとつ確実に実現させてゆき、自らの一挙一動にきちんと責任を持っている最年長たる度量を持った人。嬉しい気持ち・楽しい気持ち・ありがたい気持ちを丁寧に、素直に言葉にできる知性と品性にあふれ、立ち止まっていたら「置いてはいかない」と、手を差し伸べてくれ、「一緒に行こう」と引っ張って行ってくれる、そんな温かい手の持ち主。






f:id:nickodayooo:20170422173646j:plain



真の成功は、責任感を持ち、全ての失敗は自分が学ぶための貴重な機会なのだと思えないかぎり、決して訪れない








次に王は、オレンジのスカーフの騎士に向かって言いました。


彼の名は桐山照史といいます。

f:id:nickodayooo:20170422220355j:plain


「そなたに目的の騎士の称号を与えよう。」



目的とは、意思の力であり、
夢を叶えるのだと強く思うこと。


ふと思い浮かべるあなたの顔はいつだって笑顔で、穏やかで優しさに満ち溢れている。その温かさの裏にある苦労全てを知ることなんてできないけれど、「あと1歩だけ行った先に夢が叶う瞬間があるかもしれない」と強い意思を持って諦めなかったとても強い人。"守るべきもの"があるからどこまでも行ける、なんだって乗り越えてゆける。目的を持つ人の眼差しは強くて眩しい。







f:id:nickodayooo:20170423001806j:plain


なにかをする者は、なにかができる者よりも強い










次に王は、紫のスカーフの騎士に向かって言いました。


彼の名は濵田崇裕といいます。



f:id:nickodayooo:20170423003552j:plain



「そなたに謙虚さの騎士の称号を与えよう。」



謙虚さは、うぬぼれというレンズに歪められることのない、物事のありのままの姿を見せてくれる。


自信が無いから謙虚な訳では決してなくて、「いろんな人に支えられて今、ここに立てている」その有難みを知っているから彼はきっと、とても謙虚で質素で誰よりも丁寧なお辞儀をする。確実に、どんどん魅力的に大きくなっている筈なのに、「僕たちはずっと変わりません」と言ってくれるから、きっといつまでも離れられなくなってしまうんだろう。あなたが変わらないと言うから、変わらず応援していたいと思うんだ。






f:id:nickodayooo:20170423005245j:plain


うぬぼれは人の目を闇に閉ざし、謙虚さはその闇を晴らす










そして王は、青色のスカーフの騎士に向かって言いました。


彼の名は藤井流星といいます。




f:id:nickodayooo:20170423010343j:plain




「そなたに信じる気持ちの騎士の称号を与えよう。」


信じる気持ちは、一見、不可能だと思えることにも挑戦する勇気をくれる。



誰かを信じ抜くことって簡単じゃないのに、仲間を、ファンを、周りの人を、そして自分を信じてここまできたから、きっと彼はあの日「泣きたくなかった」と言いながら、ドームの歓声を聞いて、世界で一番温度を持った涙を流した。流れ星のようにフッと消えてしまいそうな儚ささえ感じるのに、実は誰よりも力強くそこに立っている。その背中が大きくてカッコよくて安心する。






f:id:nickodayooo:20170423014621j:plain


信じる気持ちは、夢へと導いてくれる力











それから王は、緑のスカーフの騎士に向かって言いました。


彼の名は神山智洋といいます。




f:id:nickodayooo:20170423014750j:plain





「そなたに協調の騎士の称号を与えよう。」


どんな力も、協調がなければ弱い。




個性豊かでガチャガチャしているように見えるのに、スッキリとまとまっているからこのグループは強い。詰まるところ、1人1人をよく見て、そのバランスを取るように半歩ぐらい後ろから全体を見守る彼がいるから、このグループは強い。ステージだけじゃない、メンバーの良さを引き出すこともできるから彼は"最高のエンターテイナー"であり"底無しの実力者"であり"グループの核"だ。





f:id:nickodayooo:20170423021853j:plain


協調なしには、進歩も繁栄もない











最後に王は、ピンクのスカーフの騎士に向かって言いました。


彼の名は小瀧望といいます。




f:id:nickodayooo:20170423125041j:plain




「そなたにの騎士の称号を与えよう。」


7つのちからのうち、もっとも偉大なものはであり、自分の、そして人の夢を叶えるために才能を活かせる人の中にある。すべての力は、ここに由来する。



まるで愛の化身のような人。それは、愛される人であるだけでなく、自ら人を愛することができる人でなければ、きっと醸し出せないもので。「守らなくては」と思わせられたかと思えば、気づけば、守られているのはいつだって私達の方で。あなたが笑えば皆が笑って、あなたが泣けば皆でその涙を拭う。あなたの周りにはいつだって愛が溢れている。






f:id:nickodayooo:20170423130706j:plain


愛し、行動せよ











「7つの力のお供に、」



王は最後にこう言いました。




「この花の種を持っていくといい。この種をどう支えにするかは、自分たちで考えることだ。きっと素晴らしい味方になりうる。」






7人の騎士たちは王に感謝と別れの言葉を告げ、城の門を後にすると、その種を1粒ずつ道に蒔きながら歩み続けていきました。





春が過ぎ、夏が来て、秋が訪れ、冬を乗り越え、いくつもの季節が通り過ぎ、辛い時にふと後ろを振り向くとそこにあるのはいつだって、







f:id:nickodayooo:20170423132521j:plain


自分たちで蒔いてきた種が咲かせた、白くて可憐なジャスミンの花畑が広がっている。














f:id:nickodayooo:20170423140845j:plain






あなたにとって、ファンとは?






f:id:nickodayooo:20170423133520j:plain










f:id:nickodayooo:20170423133710j:plain
チームメイト









f:id:nickodayooo:20170423133831j:plain
ひとことでは言えません










f:id:nickodayooo:20170423133949j:plain
同じメンバー










f:id:nickodayooo:20170423134042j:plain
いなくてはいけない。











f:id:nickodayooo:20170423133636j:plain











f:id:nickodayooo:20170423134219j:plain
酸素みたいなもの













今日2017年4月23日は、
勇気があって責任感を持ち、目的があり、謙虚で、信じる気持ちを持ち、協調性があって愛に溢れたグループ、ジャニーズWESTのデビュー3周年の日です。







f:id:nickodayooo:20170423135824j:plain







嬉しい時、楽しい時、いつもあなたたちが頭の中にいること、辛い時でもあなたたちのことを思い出せば前向きになれること。






あなたたちが7人揃って横並びで、歩み続けて行く先に、いつだって喜びと幸せがありますように。

それでも辛くなったらどうか振り返ってください。私たちが居ます。辛い時には背中を押させてください。嬉しい時には一緒に喜ばせてください。感動した時には一緒に泣かせてください。






f:id:nickodayooo:20170423135744j:plain

いつも手を差し伸べてくれてありがとう。








f:id:nickodayooo:20170423141013j:plain



上を目指すあなたたちの後ろ。





Seven Powers

Seven Powers

広告を非表示にする